サービス・製品案内

パッケージソリューション

プロアクトシステムズでは、リース契約における借手企業様の業務を支援するための
システム(LACS)を販売しています。

リース契約借手向け情報開示システム【LACS】(Lease ACcounting System)について

2008年度に施工された新リース会計基準の適用に際し、旧会計基準からの劇的な変更を緩和するための配慮から、特に借手側については複数の選択肢を認めています。LACSではリース会社から借手企業様へ向けて、従来の注記情報関連資料だけではなく、毎月の会計業務を支援する情報提供も行う事が可能になります。

借手企業様ごとにリース取引にかかわる経理処理が若干違うものと理解しております。
なるべく多くの企業様の参考になるような情報を提供し、借手企業様の事務負担を減らしていく事で、引き続きリース取引の持つメリットを享受できる事を目的としたシステムです。

特徴
低コストでのシステム構築
現在ご使用しているリース基幹システムから必要な情報を抽出し、LACSに取り込む事で
借手企業様への情報開示が行えますので、低コストでのシステム構築が可能です。
マルチプラットフォーム対応
RedHat、Windowsなどのお客様のご要望に合わせたOSでの構築が可能です。
導入実績13社
 

詳しいお問い合わせは弊社へご連絡下さい。TEL:03-5347-0901

サムネイル画像をクリックして拡大表示

画像イメージ

帳票イメージ

システム概要図

リース業界向け基幹システムの導入サポート

プロアクトシステムズでは、リース会社のビジネスの流れを熟知しております。
リース会社の設立、システムの導入・パッケージの選定や運営など、最適なシステム構築のご提案を致します。
まずは、お気軽にご相談ください。

index